善玉菌の選び方

善玉菌を摂る

善玉菌の選び方って?

善玉菌の入った食品を直接食べる事は腸内環境を改善には大変有効な方法だと言う事はみなさん理解できていると思いますが善玉菌の種類が多い事も理解しているはずです。

 

そんな善玉菌どんな善玉菌を食べると良いのか迷いますね・・・・
ではどんな善玉菌を摂ればよいのでしょうか?

 

ズバリ「生きて腸まで届く」善玉菌です。
ヨーグルトやドリンクのパッケージに「生きて腸まで届く」と書かれている商品を目にしたことがあるかと思います。

 

そんな「生きて腸まで届く」善玉菌の商品を食べるのが手っ取り早いのです。

 

、乳酸菌ではEC−12株、シロタ株、K-1株、サーモフィラス1131株、OS株、は胃酸に強く善玉菌を増やす効果があります。また、ビフィズス菌では、FK120株

 

シロタ株に関してはCMでも耳にしたことがあると思います。
あのシロタ株です。

 

でも「生きて腸まで届く」と謳っているいる商品の善玉菌でも腸内に定着する事は難しいのです。定着できるのは長くても2週間・・・・

 

定期的に「生きて腸まで届く」と言われている善玉菌を食べる必要があるのです。

 

「生きて腸まで届く」と言われている善玉菌でも摂るタイミングを間違うと腸までの到達率が悪くなります。

 

ではどんな時に食べるのが良いのでしょうか?
それは胃酸の少ない時です。
空腹時よりも食後のほうが胃酸も少なくベストなタイミングです。
他の食品と一緒に善玉菌を摂る事によって効果も倍増です。

 

その食事には是非、食物繊維を入れてほしいです。
その食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類がありますが善玉菌のエサになるのは水溶性食物繊維です。

 

わかめや昆布、アボカドやごぼうなど多く水溶性食物繊維が含まれています。

 

バランスよい食事に「生きて腸まで届く」善玉菌
効率よく善玉菌を摂取し腸内環境を改善しましょう。


ホーム RSS購読